着物買取りについて分かりやすく解説します!

着物買取りまでの流れ

着物を買取りを依頼する場合、まずその流れを知っておく必要があります。流れを知っておくことで無駄なく買取りを依頼することができ、スムーズに着物を処分することができます。
まず、必要のない着物を見つけたら、買取りを受け付けているお店をインターネットを検索して探します。見つかったら着物を持ち、そのお店を訪ねます。買取りを依頼した着物をお店の人に査定してもらいます。このとき、時間が数十分程度かかるので、その間はお店の中で待機することになります。査定終了後、着物をいくらでなら買取るか伝えられます。その値段に同意する場合は、買取申請書に必要事項を記入し、買取ってもらいます。ただし、買取り価格は着物を購入したときほどの値段はつかないので注意です。これが着物買取りまでの流れになります。

着物を高く買取ってもらうための工夫

着物の買取りの流れを確認したら、今後は高く買取ってもらうための工夫を知っておくと良いでしょう。着物の価値を上げ、より高い値段をつけてもらうためには着物の手入れが欠かせません。
着物で手入れするべきポイントはボロボロになっている部分であり、これを取り除くことで着物を良い状態に仕上げることができ、査定時に高い評価が付けられます。ボロボロになっている部分があると、着物が古臭くなっていること、他の人が長く使用できないことなどマイナスポイントが目立ってしまいます。これではもとが良い着物だったとしても意味がないので、買取りをお願いする前に手入れして良い状態にしておきましょう。細かい部分までチェックし、評価を下げるマイナスポイントを取り除くことができれば、着物は高い価値がつき、良い値で買取ってもらえます。